Server

提供: Eco Wiki
これは、このページの承認済み版であり、最新版でもあります。
移動先: 案内検索
Server console in Windows 10, Eco version 0.7.0.4

EcoにおいてSERVER (サーバー)とは、

ローカルまたはオンラインでマルチプレイをする手段を提供するソフトウェアのことです。

Ecoをマルチプレイでプレイするには、サーバーに参加するか、自分のサーバーを構築する必要があります。

プレイヤーは、シングルでプレイしているワールドをゲーム内のサーバーブラウザー上に〈パブリックサーバー〉として公開設定することもできます。 また、たとえリストにないサーバー =〈プライベートサーバー〉であっても、サーバのIPアドレスとポートを知っているプレイヤーはサーバーを見つけることができます。

サーバー管理者は、ワールドサイズ、スキル獲得率、プレーヤーの開始条件など、さまざまな世界属性を設定できます。

※なお、シングルのみで遊ぶプレイヤーや、シングルプレイモードを簡易的にマルチにするプレイヤーは、Eco本体に簡易的なサーバー機能が内蔵されているた、サーバーを別途ダウンロードする必要はありません。

サーバーの構築[編集 | ソースを編集]

Ecoサーバーは2つの構築方法があります。

  • Steamを介して[Eco Server]を直接実行する。
    → Steam上から [ライブラリ] → [ツール] → [Eco Server] を選択し、ダウンロードしてから起動します。
  • Steam上から起動しないEcoサーバをダウンロード、実行する。
    → サーバーの実行ファイルは、Strange Loop Games websiteから直接ダウンロードできます。

※大人数が参加するEcoサーバーの稼動にはスペックの高いコンピュータや、安定したネットワーク環境を必要とするため、ホスティングサービスから専用サーバーを借りるという方法もあります。

スタートアップガイド[編集 | ソースを編集]

  • サーバーの実行、設定の基本的な説明については、サーバーの設定 を参照してください。
  • ゲームクライアントで使用できる管理者専用のコマンドのリストについては、Chat Commandsを参照してください。
  • ポートの開放やその確認、コンピュータやネットワークなどの一般的な操作についてはお使いの機器の説明書を参照してください。