Getting Started

提供: Eco Wiki
移動先: 案内検索

Ecoへようこそ。 ゲームをサポートしていただきありがとうございます!

このガイドは、新規プレイヤーのためのものです。 ゲームは積極的に開発されており、常に変化しています。 このガイドのリンク先のページには、最新の情報が含まれていない場合があります。

FAQ's[編集 | ソースを編集]

Frequently Asked Questionsを参照してください

System Requirements[編集 | ソースを編集]

System Requirementsを参照してください。

NOTE: シングルプレイヤーゲームを遊ぶとき、またマルチプレイヤーゲームをホストする場合は、.NET Framework 4.6.2 以降のバージョンをインストールする事をお勧めします。 .NET Framework 4.6.2はここからダウンロード可能です。 https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=53344

ゲームを始める[編集 | ソースを編集]

Ecoはサーバーでプレイする必要があります。 公開サーバーに参加することも、自分でサーバーを生成して、シングルプレイまたは友人と遊ぶこともできます。

Ecoは協力に重点を置いているので、活発なコミュニティを持つ人気のあるサーバーを見つけることをお勧めします。 Ecoはサーバーブラウザーを備えているので、簡単に別のサーバーを試すことができます。

仲間となる他のEcoプレイヤーと出会い、遊ぶグループを見つけるには、次のコミュニティリソースを使用してください。:

ゲームモード[編集 | ソースを編集]

Ecoを起動すると、「New」オプションを使用して、ソロまたは小規模なグループで遊ぶ為の新規サーバーを作成したり、サーバーに参加するために「Join」することができます。 また、より細かい設定の為サーバーを手動で起動することもできます。

New[編集 | ソースを編集]

このオプションは、worldを生成し、自分のパソコンでサーバーをホストします。 シングルプレイ、ローカルネットワーク、または少人数のグループでプレイする場合は、このオプションを使用します。 他のプレイヤーがサーバーに参加するには、IPアドレスとポートでサーバーを検索する必要があります。

新しい世界を創るときには、いくつかの選択肢が提示されます。

Collaboration[編集 | ソースを編集]

このオプションは、複数のSpecialtiesを選択する際のスキルポイントコストに影響します。 Collaborationの高いサーバーは、新しくSpecialtiesを取得する際のスキルポイントコストが高くなり、1人のプレイヤーが取得できるスキルの数が減ります。 最初のSpecialtiesは0スキルポイントで取得でき、7番目のSpecialties取得後は以降Specialtiesコストは増加しません。 異なるCollaboration設定で新しいSpecialtiesの取得に必要となるスキルポイントは次の通りです。

No Collaboration (1-3 players) Low Collaboration (3-10 players) Medium Collaboration (10-30 players) High Collaboration (30+ players)
0, 2, 6, 30, 75, 150, 240 0, 3, 12, 60, 150, 300, 480 0, 5, 20, 100, 250, 500, 800 0, 7, 28, 140, 350, 700, 1120

Allow Friends to Join[編集 | ソースを編集]

この設定では、ゲームへの最大接続数、他プレイヤーのゲーム参加の許可を行えます。

Generate New World[編集 | ソースを編集]

このオプションが選択されていない場合、ゲームはデフォルトのワールドを使用します。 選択されている場合、新しいワールドが生成設定により作成されます。 パソコンスペックと生成設定によって、時間が掛かる場合があります。

Join[編集 | ソースを編集]

このオプションは公開サーバリストを表示します。 各サーバのCollaboration設定は、「Very Low」から「High」のSpecialtiesとして表示されます。

Manually Starting a Server[編集 | ソースを編集]

Ecoのインストール先フォルダから EcoServer.exe を開くことで直接サーバーを起動することもできます。 これにより、サーバーのGUIが開き、サーバー設定をより詳細に設定可能です。 このローカルサーバーは、ゲーム内のサーバーブラウザーに表示されます。

Entering the game[編集 | ソースを編集]

ゲームを開始すると Avatar エディタが表示され、外見の変更と保存が行えます。外見は後からいつでも変更可能です。

最初にゲームに入るとUIモードになります。 これによりマウスカーソルが表示されるので、メニューバーをクリックし、チャットログ、バックパック、およびワールドマップを開きましょう。Tabを押すとUIモードが無効になり、マウスを使った視点操作ができます。

メニューサイズが適切でないと感じた場合は、 Escを押してゲームメニューを表示し、Interface Scale スライダで変更出来ます。 ゲームの動作が遅い場合は、このウィンドウで描画距離 (View Distance) とグラフィックスの質 (*** Quality)を下げることもできます。

さて、ユーザーインターフェイスについて理解してください:

Tutorial[編集 | ソースを編集]

Avatarを作成したら、画面の左上隅にあるチュートリアルシステムが歓迎してくれます。 このインタラクティブなシステムは、ゲーム操作と基本的なシステムを理解するのに役立ちます。

Tutorial Menu.png

チュートリアルシステムは、新規プレイヤーの為の最新のガイドになります。 チュートリアルのタスクを完了すると、プレイヤーはリワードとしてツールやアイテムを受け取れます。 これらのリワードはあなたの旅のお手伝いをし、世界の仕組みを学び探検を進める手助けとなります。

Skill Points Panel[編集 | ソースを編集]

Nutrition Panel.png

  1. Nutrients — 栄養バランスを表示しており、1日に得られるスキルポイントに影響します。 円グラフをマウスオーバーすることで、より詳細な栄養成分、Calories、および胃袋の中身を見ることができます。
  2. Skill Points — 使用可能なスキルポイントです。数字をクリックするとSkillsメニューが開きます。
  3. Housing — 毎日のHousingボーナスとパッシブスキルポイントが表示されます。 家を建てると、栄養バランスに似た円グラフがここに表示されます。

Toolbar[編集 | ソースを編集]

Toolbar.png

  1. Hand contents — アイテムの中にはバックパックに入れることができず、手や道具で運ぶ必要があります。
  2. Quick access items — キーボードの1〜0ボタンか、マウスのスクロールホイールを使用し切り替えることができます。

Menu Bar[編集 | ソースを編集]

Menu Bar.png

  1. Weight — 運搬可能重量です。一杯になるとバックパックにアイテムを追加できなくなります。
  2. Navigation Bar - 座標と向きを示します。
  3. Graphs — ゲーム外でブラウザが開かれ、世界のグラフと統計を閲覧できるWebインターフェイスが表示されます。
  4. Chat window (Hotkey:C) — チャットログを開きます。チャットログはチャンネル別に世界とその環境に関する様々な情報も含まれています。
  5. Backpack (Hotkey:B) — インベントリ (バックパック) を開きます。
  6. Objectives (Hotkey:O) - Objectives パネルを開き、他プレイヤーの行動や目標を閲覧できます。
  7. Economy (Hotkey:Y) - 取引や契約、通貨量等、サーバー内の全プレイヤーの経済活動に関する情報が表示されます。
  8. Laws (Hotkey:L) — 現在の法律を表示します。Graphs同様、ゲーム外でブラウザが開きます。
  9. World map (Hotkey:M) — 地形、Resources、Player、Land Plotsを表示する世界地図を開きます。

Controls[編集 | ソースを編集]

  • W,A,S,D: 前、左、後、右に移動
  • Space: 飛び降り/水面に浮上 (水中)
  • Left Ctrl: ダイビング (水中)
  • E: オブジェクトを使用する
  • Tab: UIモードの切り替え
  • Enter: チャットを開く/メッセージを送信する
  • Esc: UIモード/ゲームメニュー
  • Left mouse button: ツールアクション
  • Right mouse button: アイテムを置く/アイテムを使用する
  • R (while placing object): アイテムを左に回転する
  • Q (while placing object): アイテムを右回転させる
  • Shift + Left Mouse button: スタックされたアイテムを分割する (Ver.5.5.1ではバグがある可能性; 動作しない場合があります)

Chat Commands[編集 | ソースを編集]

使用可能なチャットコマンドは "/help" と入力すると一覧表示されます。 独自のサーバーを起動した場合は、さまざまな管理者コマンドと開発者コマンドを使用できます。 通常のユーザーはコマンド数が少なくなります。

コマンドの詳細とドキュメントについては、Chat Commandsを参照してください。

First Priorities[編集 | ソースを編集]

Friends[編集 | ソースを編集]

Ecoは協調的なゲームとして設計されており、一人で道を切り開くより他のプレイヤーと協力することではるかに効果的にプレイできます。 サーバー上に他のプレイヤーがいる場合、 Enter を押して hello と入力してください。こんにちは! 地図で他のプレイヤーを探し、近づいてみましょう。 プレイヤー同士が近所に住むことはメリットがあります。

一人でじっくり楽しみたい場合も心配しないで下さい! Ecoはソロプレイも可能です。

Skills[編集 | ソースを編集]

画面の左下には、あなたが持っているスキルポイントが表示されます。 あなたのスキルポイントをクリックするかZを押すとスキルメニューが表示されます。 左から右にProfessionsSpecialtiesSkillsの3列があることに注目してください。 Professions列のSurvivalistと、Specialties列のSelf Improvementをクリックしてください。

Skill Tree.png

最初にどのスキルにポイントを使用するかは、1人で遊ぶのか、他のプレイヤーもいるのかで異なります。 他プレイヤーと協力して遊ぶ場合、それぞれのプレイヤーは専門に専念し、その分野でより効率的な活動を行うことができます。 あなたが一人でプレイしているのなら、スキルポイントが貯まるのを待つ必要があるかもしれません。 スキルポイントはオンライン/オフラインに関わらず、ゆっくりと加算されていきます。

一番左のパネルの他のProfessionsをクリックしてみてください。 (左下の "show all" をクリックすると利用可能なすべてのProfessionsが表示されます) これは、各ProfessionsSpecialtiesとそれらを学ぶために必要なスキルポイントを表示します。 Specialtiesを学ぶと、他のSpecialtiesを取得する際の学習コストが指数関数的に増加します。 グループで一緒に遊ぶときは、Objectivesパネルを見て、どのSpecialtiesが取得されているか把握しておくことは最善の方法です。 あなたがSpecialtiesを学んだなら、このウィンドウに取得Specialtiesを書き加えましょう。 早い段階で取得すべき重要なSpecialtiesがいくつかあります。

  • Hewing — 最初の建築材料であるHewn Logの工作効率を大幅に向上させます。
  • Campfire — 生の食品を調理し、カロリーと栄養成分を増やすことができます。
  • Gathering — 木の種子 (植林には重要) を含む食糧や種子の収量を増やします。
  • Hunting — 動物を殺して肉を得られるようにする。 (BowArrowが与えられます)

Food[編集 | ソースを編集]

A field of camas. Harvest it using the shovel

さぁ、行動を開始しましょう。 まずは食料の確保をしましょう。 CornBeetCamasは開けた場所で見つけることができます。 HuckleberriesBeanは森林に存在します。 これらの植物に近づき視線を向け、黄色くハイライトされたら、収穫するために E を押してください。 Camas、Purple Flowerは収穫するためにシャベルが必要です。 収穫できたらインベントリやツールバーの食べ物を右クリックすると食べられます。 Seedを食べないでください。

食事を取ると毎日のスキルポイント入手量とともに、栄養バランスが変化します。 あなたがスキルポイント入手量を上げるには、栄養価の高い食べ物を食べ、炭水化物、脂肪、タンパク質、ビタミンの4つの栄養素のバランスを出来るだけ均等に保つ必要があります。 Chefを持つプレイヤーは、より栄養価を高めるために食べ物を調理し、スキルポイントを上げることができます。

栄養素とカロリーがどのようにスキルポイント入手量に関係するかについては、Foodを参照してください。

Crafting and Storage[編集 | ソースを編集]

Using the axe to chop a tree into logs

十分な量のTreeStoneの近くに (ヒント: 地図に行き、灰色のパッチを探す) 拠点を作りましょう。 農家になりたい場合は、Map (M) を見て、World Layersから特定の植物の栽培に適した地域を確認することもできます。

拠点とする場所が決まったら、Workbenchをツールバーに移動して選択します。 チュートリアルを通して取得する必要があります。 設置の際、Workbenchを回転するには EQ を、実際に設置するには右クリックします。 あなたのWorkbenchを開くには E を押してください。 Workbenchのようなクラフトステーションには、Crafting、Status、Storage、およびAuthタブがあります。 Workbenchが機能していない場合、Statusタブにその理由が表示されます。 Storageタブには、Workbenchに接続されているすべてのLinked Storageが表示されます。 Authタブでは、クラフトステーションを利用可能なプレイヤーを管理できます。

Treeを見つけ、Axeを振るいましょう。 あなたの栄養の円グラフがAxeを振るたびに減少することを確認して下さい。 これはあなたのカロリーの減少です。 カロリーが0になるとスキル入手が遅くなり、多くのアクションが実行できなくなります。

最終的に木は倒れます。 木に残っている枝を落とすためAxeを使用してください。 これで、木を運搬可能なサイズに分割することができます。 他の地形ブロック (DirtStoneSandなど) と同様、Logはバックパックではなく手で持つことになり、一度に最大20のLogを持ち運ぶことができます。 Logを集めるためにLogが黄色くハイライトされた状態で E を押してください。

WorkbenchまでLogを持ち運び、WorkbenchでStockpileを作りましょう。 StockpileはLogsやDirtなどのブロックアイテムを格納するために使用されます。 Stockpileが完成したら、WorkbenchのCraftingタブからCollectし近くに設置します。 設置には5x5ブロックの面積が必要です。 これでStockpileを右クリックすることでLogを保管することができるようになりました。 また、WorkbenchとStockpileがリンクされるはずです。これによって、リンクされたWorkbenchで行われる製作にStockpileの資材が使用される様になります。 ストレージとなるオブジェクトとクラフトステーションをリンクするためには、お互いが10ブロック以内になければなりません。

Basic Craftingをレベル1に上げて、Storage Chestを作ることもできます。 Workbenchの近くにStorage Chestを置きリンクしましょう。 これでWorkbenchで作られたアイテムはStorage Chestに保管されます。

あなたや友だちがCampfireSpecialtiesを取得したら、食べ物を調理するためWorkbenchでCampfireを作りましょう。 Campfireを作るにはStoneが必要です。 地表にあるStoneブロックを見つけて、Pickaxeを打ちつけるとバラバラに壊れ、持ち運び出来るようになります。 残った大きな破片はPickaxeで細かく砕くことが出来ます。 手で持つ場合、Stoneは一度に20個運ぶことができ、Stockpileに保管することができます。

Shelter[編集 | ソースを編集]

シェルター (建物) は複数の材料を組み合わせて建築できます。 Ecoでは建物の建材によって使用出来るCrafting Stationsが決まります。 まず最初の建物はHewn Logから作るのが良いでしょう。

WorkbenchでHewn Logsを製作キューに入れてください。 Hewn Log Processing Efficiencyを取得したプレイヤーがHewn Logsを作ると、建物を建てるのに必要なLogの量が大幅に減ります。

作られたHewn LogsがStockpileに入ったら、建材として使用する為に手で持ち、Stone Hammerを装備してください。(チュートリアルリワードで入手できます) Shift を押しながらマウスホイールを回転させるとブロックタイプ (形状) が選択できます。 初期状態ではHewn Logのブロックや壁のみしか設置出来ませんが、Wood ConstructionSpecialtiesを取得しレベルを上げることで、階段や屋根など様々な形状のブロックを設置出来るようになります。

他のクラフトステーションの配置や作業を開始し、Housingボーナスを得るには、建物をかなり大きくなければなりません。 ほとんどのクラフトステーションは25㎥の屋内空間を必要とします。 最初の部屋を十分に大きくし、少なくとも75㎥の内部空間となるようにしてください。 十分な大きさの建物を作るために、十分な量のLogをHewn Logにする必要があります。

土地の区画権利 (Plot) を主張することができます。インベントリのProperty Claim Flagを選択し、右クリックで配置します。 1つのProperty Claim Flagで予めゲームによって区切られた5x5ブロックの区画を占有できます。 Property Claim Flagを選択すると、そのフラグで主張しようとしている区画、現在主張されている区画、他プレイヤーが主張済みの区画がオーバーレイで表示されます。 世界地図を拡大すると、区画の所有権 (Property Claim) が明確に把握できます。 区画が主張されると、主張した区画のDeedが手に入り、区画権利の主張を取り消しや、他のプレイヤーへ権利や使用権を譲渡する為に使用できます。 またDeed名の変更や、区画の表示色を変更することもできます。

Carpentry Tableを作ったら、HewingSpecialtiesを習得しているプレイヤーはChairTableなどの家具を作ることができます。 建物に家具を置くとプレイヤーのHousingボーナスが増加します。 ボーナスを増やすには栄養と同様に、建物の部屋は、5つの部屋のタイプ…リビングルーム (Living Room)、キッチン (Kitchen)、ベッドルーム (Bed Room)、バスルーム (Bath Room)、および一般的な部屋 (General Room)…のバランスを取る必要があります。

家具とHousingボーナスについては、Housingを参照してください。

Research[編集 | ソースを編集]

これでEcoの基礎はマスターできました。今度は新しい技術の研究を始めましょう。 研究を行うには、WorkbenchでResearch Tableを作成する必要があります。 作成には大量のLog、Stone、Plant Fibersが必要です。 Plant Fibers は、GrassにScytheを使用すると入手できます。

Research Tableでは、Skill Bookを作成し新しいスキルツリーをアンロックすることができます。 各Skill Bookは大量の材料を必要としますが、1つのSkill Bookから無限のSkill Scrollsを生成することができます。 したがって、理論的には各Skill Bookが1冊あればサーバー内全てのプレイヤーがスキルツリーを全てアンロックできることになります。

Further progression[編集 | ソースを編集]

技術が進歩するにつれて、Roadと車両はプロジェクトや研究の為に必要な大量の資材や資源を運ぶのに不可欠になります。 チームワークはますます重要になっていくでしょう。 必要なスキルを得るために、より多くのスキルポイントが必要となるため、プレイヤーは専門化を余儀なくされます。

そして、技術が増えるにつれて、Pollution (汚染) も増加します。 燃える木材やCoalは温室効果ガスを増加させ、海面上昇を引き起こす可能性が、森林破壊は動植物を死滅させる可能性があります。 製鉄によって土壌や水を汚染する可能性があります。 サーバーのグラフを読むことで、これらの変化の因果関係を調べることができるでしょう。 世界が危険にさらされている場合、特定の活動を制限するLaw(法令)を制定することができます。

Ecoのゲーム目標はサーバーによって様々です。 いくつかのサーバーでは、Meteor(隕石)の迎撃に必要な技術進歩の時間が十分ではないかもしれません。 また他のサーバーでは、よりカジュアルなゲームプレイができるように設定されているでしょう。

しかしナンバーワンゴールはもちろん、楽しんでゲームを遊ぶことです!

Tips & Tricks[編集 | ソースを編集]

  • 何らかの不具合で移動出来なくなった場合、チャットで "/unstuck" と入力してください。
  • Workbenchやその他のオブジェクトを設置するには、チュートリアルで取得したStone Hammerを使用します。
  • 切り株はAxeで破壊することができます。
  • インベントリを開かずにWorkbenchやコンテナからアイテムを取ることができます。 Axe等のツールを選択してオブジェクトを叩くと、そのストレージの中の最初のアイテムがあなたのバックパックに追加されます。 オブジェクトにShovelを使用すると、Shovelで運んでいる最初のアイテム(dirtなど)がピックアップされます。
  • Coalはゲーム開始時からCampfireで使用でき、Logよりも長い時間燃焼します。 BoardArrowなど、他の木製アイテムも燃やすことができます。
  • Eキーを押してLogStoneなどを拾うことができます。

Further Reading[編集 | ソースを編集]

Other resources[編集 | ソースを編集]